浮気調査の神アプリ!Googleマップのタイムラインで行動履歴をチェック

浮気調査の神アプリ!Googleマップのタイムラインで行動履歴をチェック

Googleマップは誰もが知るところだと思いますが、浮気調査で使えるのはGoogleマップ内にあるタイムライン。どんな機能なのか、浮気調査ではどう活用するのかを詳しく見ていくことにしましょう。

Googleマップのタイムラインって何?

Googleマップには、自分が訪れた場所や経路を記録&確認できるタイムラインという機能があります。スマートフォンにGoogleマップのアプリがインストールされていて、なおかつ「位置情報」と「ロケーション履歴」を有効にするだけで、誰もが無料で利用できる優れもの。

タイムラインというとTwitterやLINEを連想する人が多いと思いますが、これらの場合は、みんなが発信した情報やニュースが一覧になったものですよね。Googleマップのタイムラインはちょっと違っていて

  • 訪れた場所
  • 日付
  • 滞在時間
  • 移動ルート
  • 移動時間
  • 移動距離

が表示されます。

スマホを持ち歩くだけで、これらの情報を記録してくれるから便利ですよね!普段の行動から旅行時までライフログが蓄積されるので、日記代わりとしても使えそうです。

ということは……これって、浮気調査にも使えちゃいますよね♪

今や、スマートフォンは誰もが肌身離さずレベルに持ち歩いている時代。車や他の持ち物にGPSを取り付けるのも簡単ではないし、スマホのGoogleマップがGPSとして活用できるなら、これほど心強いものはありません。

例えば、パートナーが「実家に行ってくる」と車で出掛けた日。最近、なんだか急に休日出勤が多くなった……残業もやたら増えたし。パートナーの最近の行動をグレーに感じるとき。Googleマップのタイムラインは、大いに実力発揮しそうです。

Googleマップのタイムラインを使ってみよう

Googleマップのタイムラインは、Android&iPhoneでも利用できます。Googleアカウントさえあれば、パソコンからの閲覧もOK!パートナーの浮気調査を始める前に、まずは自分のスマホを使って、設定方法やタイムラインの見方を予行演習しておきましょう。

基本設定

  1. Googleマップを開く
  2. ハンバーガーメニューをタップ
  3. 歯車アイコンをタップ
  4. アカウント設定の「個人的なコンテンツ」をタップ
  5. 位置情報サービスをオンにする
  6. ロケーション履歴をオンにする

これで、Googleマップのタイムラインに、自分が出掛けた場所や経路が表示されるようになりました。どんな風にタイムラインに表示されるのか、実際にスマホを持ってお出かけをしてみましょう。

タイムラインを表示する

ロケーション履歴がたまってきたら、実際にタイムラインを表示してみましょう。

  1. Googleマップを開く
  2. ハンバーガーメニューをタップ
  3. タイムラインをタップ

自分がお出かけしたルートが表示されました。画面上部に地図、下部には経路が表示されています。
また、カレンダーアイコンをタップすると、経路が記録されている日付に丸印がついています。

ロケーション履歴を削除する

タイムラインに表示されているロケーション履歴は、好きな期間分削除することもできます。

  1. Googleマップを開く
  2. ハンバーガーメニューをタップ
  3. 歯車アイコンをタップ
  4. アカウント設定の個人的なコンテンツをタップ
  5. 指定期間のロケーション履歴の削除
  6. または、ロケーション履歴をすべて削除

これで、Googleマップのタイムラインの使い方は把握できましたよね!

ロケーション履歴を追って浮気調査

次はいよいよ、パートナーのGoogleマップでタイムラインのチェック。そのためには、下記のいずれかを利用する必要があります。

  • パートナーが使っているスマートフォン
  • パートナーが使っているパソコン

スマホの場合、最大の難関はロックの解除でしょう。

ここを突破したら、次はGoogleマップのアプリアイコンをタップして、Googleアカウントでサインインをしているかどうかチェックしてください。パートナーの名前やニックネームとgmailアドレスが表示されていたら、あとはタイムラインをタップしてロケーション履歴を確認してみましょう。「ログイン」と表示されていたら、そのスマホではGoogleマップとパートナーのGoogleアカウントが連携されていない可能性があります。

パソコンの場合。パートナーと1台のパソコンを共有しているかどうかで難易度が変わります。

共有といっても、夫婦それぞれユーザーアカウントが別の場合は、パートナー用のユーザーアカウントとパスワードでパソコンにログインする必要があります。何か理由をつけて、パートナーのユーザーアカウントでログインをさせてもらうのがベストです。

ユーザーアカウントすら分けていないなら、ハードルは極めて低いですよね!

また、スマホよりパソコンからGoogleマップにアクセスしてタイムラインを見た方が何かと便利。スマホの場合は、パートナーにバレないよう夜中にコソコソ覗き見する必要がありますが、パソコンなら落ち着いてじっくりチェックできます。

パソコンでも、Googleにログインしっぱなしにしている人は案外多いので、その場合はタイムラインを見るのも簡単。また、パートナーのGoogleアカウントとパスワードを知っていれば、共有パソコンからなら比較的怪しまれずに覗き見ができます。

共有ではなく別の環境からパートナーのアカウントで接続してしまうと、スマホなどに2段階認証用のコードが送信されたりするので、注意が必要です。

タイムラインに何も表示されていないときは、位置情報サービスやロケーション履歴がOFFになっていないか設定をチェックしてください。ONに切り替えたら、履歴が蓄積されるまで様子見しかありません。

不正アクセス禁止法に注意!

例え夫婦とはいえ、パートナーのアカウントを使って勝手にgoogleマップのタイムラインにアクセスするのは、不正アクセス禁止法違反となります。ログインしたままの状態になっていたとしても同様なので、メリットデメリットを認識した上で調査をしてくださいね。

ネットに強いパートナー相手なら深追いしない

パソコンやスマホの知識がほぼ皆無……というパートナーなら、設定の変更やタイムラインのチェックは比較的スムーズに進むと思います。知識が豊富なパートナーの場合は、パソコンやスマホのセキュリティ対策は万全ですし、ましてや浮気をしていれば、証拠になるようなものを簡単に掴まれないようにしているはず。

Googleマップのタイムラインを使っていたとしても都度、履歴は削除するなど対応に抜かりはないでしょう。

Googleマップのタイムラインでロケーション履歴を追いかけることにこだわってしまうと、浮気調査がパートナーにバレて、事態が複雑化することは避けられません。再構築を考えている人は、パートナーからの信頼性を無くすことになりますし、離婚前提の場合は、相手が慎重になることで探偵事務所や興信所に依頼した際の調査が進めにくくなることだってあります。

パートナーのガードがガチガチだった場合は、深追いをしないで他の方法を考えるようにしましょう。

浮気調査カテゴリの最新記事