DNA鑑定で浮気調査!科学的な根拠に基づきパートナーの不貞行為を暴く

DNA鑑定で浮気調査!科学的な根拠に基づきパートナーの不貞行為を暴く

浮気&DNAと聞いて連想するのは、子供のDNA鑑定ではないでしょうか。

妻の浮気を強く疑っていて「本当に俺の子?托卵なんじゃ……」とか「そういえば『俺さんにあんまり似てないね』ってよく言われる」など悶々としているときに選択する最終手段のイメージが強いと思います。

今回解説するDNA鑑定は、その前段階。つまり、パートナーの浮気&不貞行為を証明するためのDNA鑑定です。浮気の証拠集めのためにDNA鑑定を引き受けてくれるサービスはあるのか、その際に準備するものなど詳しく見ていくことにしましょう。

探偵&興信所と合わせて検討したいDNA鑑定

浮気の決定的な証拠になるのは言い逃れのできないもの……つまり、行為中&行為を匂わせるものだったり、ラブホテルへの出入り写真や動画などになります。こうした証拠を揃えるために、自分で尾行したり自宅に隠しカメラの設置を試みる人もいるでしょう。自分でうまく証拠が撮れないときには、探偵事務所や興信所を頼ることになるかと思います。

探偵事務所や興信所への依頼以外で、確実な証拠を掴みたい!というときに検討したいのが、DNA鑑定。

日本では普及しているとは言い難い状況なのですが、アメリカでは、DNA鑑定を浮気調査に活用することは珍しくありません。

一般的に知られている検体の採取方法といえば、綿棒を使って口の中の粘膜をぐりぐりぐり……ですが、毛根がついた毛髪、体毛、切った爪、体液などでも個人が識別できます。その精度は99.999999%というから、かなりの高さです。

DNA鑑定による浮気調査でモノを言うのは、パートナーと浮気相手との行為による残留物のみ。要するに精液や体液から、第三者との性行為があったかどうか、科学的に証明をしてもらうというわけ。

もちろん、浮気相手のものであろうタバコの吸い殻や毛根付の髪の毛でもDNA鑑定自体は可能。鑑定した結果、仮に吸い殻や髪の毛が本当に浮気相手のものだったとしても、それでは不貞行為の証拠にはなりません。

下着の付着物を見逃すな!パンツの匂いを嗅ごう

前述のように、DNA鑑定をするには行為時の精液や体液が付着したものを手に入れる必要があります。

車の中は証拠の品々を隠しやすい空間でもあるので、ダッシュボードやトランク、ゴミ箱を調べてみましょう。ティッシュや使用済みコンドームが見つかるかも知れませんね。大人のおもちゃが何本も隠してあった!しかも使用済み……なんてこともあるようです。

留守中、自宅に浮気相手を招き入れている可能性もあるので、念のため家の中のチェックもおすすめします。ゴミ箱はもちろん、隅々まで。

そうそう。自宅に招き入れている気配があれば、隠しカメラも同時に設置しておきたいところ。

忘れてはならないのが下着です。

妻が浮気をしている場合、相手の精液が膣内に残り入浴後も下着に付着する可能性大。気になるシミが付いていないかも要チェックです。若干ヘンタイチックではありますが、精液や体液の匂いがしないか、妻&夫の汚れたパンツの匂いを嗅いでみましょう。怪しい場合は、すかさずDNA鑑定用に回収!

当然、新鮮なほうがDNAを抽出しやすいので、回収したパンツはジップロックなどの密封できる袋や容器に保管をして、早めにDNA鑑定会社に依頼します。

行為後に使ったと思しきティッシュやコンドームをDNA鑑定に依頼するケースも多いようです。これらも、パンツ同様に見つけ次第すぐに密封容器に入れて、DNA鑑定に回しましょう。余分な付着物を防ぐため、証拠品を取り扱う際はビニール手袋をはめたり、割りばしで掴むなど注意を払ってください。

鑑定結果は離婚調停でも有利な証拠になる

浮気のDNA鑑定で分かることは、第三者のDNA型が検出されるかどうか。浮気を疑う場合、長らくの間セックスレスになっているケースも多いと思いますが、そんな中で自分以外の男女2名のDNAを検出!となれば、パートナーが自分以外の異性と肉体関係を持ったことは明白です。

この鑑定では、浮気相手が誰なのか……までは分からないのですが、浮気&不倫があった大きな証拠のひとつになります。離婚調停の際も、このDNA鑑定の結果はかなり重要!離婚を優位に進められますから、しっかりと保管しておいてください。

注意点がひとつ。

夫の浮気を疑っている場合、「浮気じゃない!会社の付き合いで風俗に行っただけ!」などの言い逃れの可能性もあります。そんなときには、今までコツコツ集めてきた他の浮気の証拠と合わせて提示しましょう。

日記しかり、メールやLINEの履歴、レシートなどなど。

点と点を繋ぎ合わせていけば真実は明らかになるので、その場しのぎの言い逃れが通用するわけはありません。

浮気調査のDNA鑑定が依頼できる会社

精液鑑定を取り扱っている民間のDNA鑑定会社をピックアップしてご紹介します。

調査費用は、内容によって異なりますが50,000円前後~といったところ。探偵事務所や興信所よりも安価で済む分、依頼しやすいとは思いますが、まずはメールや電話で、鑑定して欲しいものがどういう状態にあるのか、鑑定可能なのかなど詳細の問い合わせをおすすめします。

DNA JAPAN株式会社

テレビ番組でも紹介されている会社で、東京都西新宿にある自社DNAラボにて鑑定。信頼性の高さには提供があり、家事&民事裁判の証拠としても採用されています。3つの検査が可能な浮気パックがおすすめで120,000円。支払い方法はクレジットカードのみ。

SeeDNA法医学研究所

FBIやCSIでも使われる鑑定テクニックを採用!通常鑑定は3日ほどかかりますが、特急料金3,000円を支払えば1日で結果がでるスピード鑑定もOK。認定検査機関の返金保証+無料相談付き。支払い方法はクレジットカード、銀行振込、代金引換が利用可能。

事前鑑定なら検査キットもおすすめ

「予算がないので、もっと手軽に鑑定したい」「本当に浮気なのか確証を得てから、DNA鑑定に回したい」という場合は、浮気調査キットを活用する手もあります。コストも6,000円台とお手頃で簡単に検査できるため、事前鑑定として活用するにはピッタリです。

SemenSPY ORIGINAL 高精度浮気検査キットを購入する

浮気調査カテゴリの最新記事