お金がないけど浮気調査したい!最低費用で不貞行為を暴く方法とは?

お金がないけど浮気調査したい!最低費用で不貞行為を暴く方法とは?

「浮気調査したいけどお金がない」と諦めていませんか?

結婚してからずっと専業主婦で、まとまって使えるお金を持っていない人、月々のお小遣いが少ない男性etc。中には、経済的DVを受けていて自由に動かせるお金が0円……という深刻なケースもあるかも知れません。

でも大丈夫。お金がなくても、浮気調査できる方法があるんです。

浮気調査を安く済ませるためにできる3ステップ

お金のあるなしに関わらず、浮気調査にかかる費用は少ない方が良いに決まっていますよね。

「金ならある!いくらかかっても、あいつの尻尾を掴んでやる!」なんてリッチな人もいるかも知れませんが、それでも浮気調査が完了して離婚後に始まる新しい人生を考えれば、手元に少しでも多くのお金が残ったほうが安心ですからね!

さて、浮気調査を安く済ませるには、ズバリ!自分で証拠を集める。コレしかありません。

浮気の決定的な証拠となる不貞行為の写真や動画が撮れればベストなのですが、1つ1つは小さな証拠でもパーツを組み合わせていくことで決定的瞬間への近道となる可能性だってあるんです。

それでは、自分でできる浮気調査には何があるのか見ていきたいと思います。

STEP1 0円で簡単にできる調査をする

まずは、お金も特別なテクニックもいらない下記4つの浮気調査をしてみましょう。4つめのICカードの利用履歴は、パートナーが使っているスイカやパスモを持ちだす必要がありますが、それ以外はチェックするだけでOKです。上の2つは、パートナーがいない隙を狙って家探しをしましょう。

  1. 車やカバン、書斎、クローゼットに怪しいものがないか調べる
  2. レシートや領収書を調べる(念のためゴミ箱も)
  3. クレジットカードの利用明細を調べる
  4. スイカやパスモなどのICカード利用履歴を調べる

STEP2 0円でもパスワード解除が必要な調査をする

お金は0円でも、パスワード入力などでロック解除が必要になる調査です。いずれもパスワードがないとロック解除できませんが、諦める前にパートナーが使いそうな数字の組み合わせを考えてみてください。案外、書斎などにパスワードのメモが置いてあったりします。

  1. パソコンのブラウザ閲覧履歴や隠しフォルダを調べる
  2. LINEのトーク履歴を調べる
  3. Gmailの送受信内容を調べる
  4. スマホに浮気防止アプリがないか調べる

STEP3 機材設置にお金が必要なもの

STEP1と2で浮気の形跡が見つかって「これはクロだな」と判定できたら、より明確な浮気の証拠を集めるため、機材の購入や設置の手間がかかる調査に進みましょう。お金がかかるといっても数千円~複数設置で数万円なので、何とか捻出したいところです。

GPS追跡で、ラブホテルや浮気相手の家らしきところに立ち寄っていることが分かれば相当な証拠になりますし、小型カメラで不貞行為の瞬間が撮れれば、興信所や探偵事務所への依頼は不要になります。

  1. GPSロガーやリアルタイムGPSを設置する(予算6,000円前後~)
  2. ICレコーダーを設置する(予算8,000円前後~)
  3. 小型カメラを設置する(予算2,000円前後~)

絶対的に信頼できる友達に協力をしてもらう

パートナーが立ち寄るラブホテル、デート日程や行き先などが判明したら、決定的な瞬間を抑えるため尾行や追跡が必要になります。

ここまで調査が進んでくると、何もかもひとりで……というわけにはいきません。専門家の探偵でも、2人以上で尾行するわけですからね。可能であれば、絶対的に信頼できるような友達に手伝ってもらいましょう。兄弟姉妹、親戚でもOK。ただ、浮気現場確保の瞬間は浮気相手が暴れる可能性はあるので、女性より男性の方が安心です。

実際に、友達に協力を依頼して証拠映像が撮れたケースは結構あります。

近くに協力してもらえる人がいない場合は、探偵に依頼をするしかありませんが、パートナーがどこで浮気をしているのか、次のデート日まで分かっていれば、1日の調査で済む可能性は高いです。そうなれば、調査費用は相当抑えられます。

法テラスや探偵の無料相談もうまく活用

法律相談ができる法テラスや、興信所・探偵事務所の無料相談を活用する方法もあります。

興信所や探偵事務所の無料相談

多くの探偵事務所では無料相談を受け付けているので、今の状況を伝えて、どんな証拠を集めておけば良いか、予算内で何をしてもらえるのか、支払い方法、アフターフォローまで相談してみましょう。

相談をすると、そのまま浮気調査を依頼しなければならないのか?と不安になるかも知れませんが、優良な探偵事務所であれば相談をするだけでも問題はないので安心してください。

自分での調査が難しい、調査をしたけれども思った成果が得られなかった場合、最終的には探偵や興信所に依頼する必要が出てくるので、依頼を想定して複数社に見積もりを取り、比較検討もしておきたいですね。

費用については、交通費などの実費が別途請求となると、最終的な支払い金額が不明瞭で怖いので、できるだけ見積もり時の金額以上の追加請求がないところを探しましょう。もちろん、無料相談時に親切&丁寧に接してくれたかどうかも重要なポイントです。

法テラスの無料相談

離婚を想定しての話になりますが、パートナー&浮気相手への慰謝料請求の話、財産分与、子供がいる場合は親権はどうなるのか、離婚がうまくいかなかった場合の手続きなど、法律で解決できる部分の相談ができます。

「弁護士への相談ってお金がかかりそうで心配」という人も、まずはメールやサポートダイヤルに電話をかけて、話をしてみてください。無料相談もできますし、経済的に困っている場合は、いざ弁護士を依頼することになっても条件次第で費用立て替え&分割払いもできます。

法テラス公式サイト

慰謝料をあてにして動くのは危険

「お金がないけど、パートナー有責だから慰謝料がもらえるでしょ?」と思っている人も多いと思いますが、最初から慰謝料をあてにして浮気調査を依頼してしまうのはとっても危険。離婚までに時間がかかるケースもありますし、状況によっては想定していた金額がもらえないことだってあるのです。

両親に相談して一時的に浮気調査費用を借りる方法もありますし、探偵事務所の中には分割払いOKのところもあるので、大きな金額を一気に支払わずに済む工夫をすることが大切です。消費者金融で借りたりキャッシングという方法もありますが、離婚後の生活もありますから、一時的だとしてもなるべく避けたいところですね。

もちろん、上記に説明したように、できる限り自分で浮気調査をして証拠を揃えることも大切。有力な証拠が集まれば、探偵事務所に依頼する時間や日数が減らせますから、調査費用も抑えられます。

以上、お金がない場合の浮気調査について解説をしてきましたが、いかがでしたか?

可能な限り自分で証拠集めをしたり、信頼できる人たちの協力を得られれば、お金がなくても浮気調査は十分可能です。パートナーの不貞行為に泣き寝入りする必要はありませんよ!

浮気調査カテゴリの最新記事